保護者様からのお悩み相談集

2016/02/03

中学入試:いつから勉強すれば間に合いますか?

中学入試させてみようかな、お子さんをお持ちの親であれば一度くらいは考えることがあるかと思います。

当然、小学校で学ぶ内容だけでは太刀打ちできないので、塾に通うなり、何らかの対策は必要となるのは明らかです。

 

さて、中学入試をするとして、「いつから対策をすればいいのか」、言い換えれば「いつから塾に通えばいいのか」「いつまでなら間に合うのか」という疑問は誰もがお持ちかと思います。一般的には小4から通い始めますが、実際には3年生の2月から塾のカリキュラムが始まりますので、始めるには少し早いんじゃないか、あるいは、習い事もまだ続けさせたいなどという方は多いはず。では、遅くてもどこからなのか、気になるでしょう。

 

 

■私立中入試を考えている場合

本人の学力と志望校にもよりますが、「小5の2月から」でも十分に間に合います。もちろん小4から始めた方が良いですが、挽回が不可能なほどの差は生まれないので、「全く理解できない!」心配はありません。小5の一学期が終わってしまうと、算数ではカリキュラムの半分程度が終わってしまいますので、難関校を志望するなら小5夏までがリミットかもしれません。

 

入学を希望する中学校が難関校ではなく、四谷大塚の偏差値で40~50程度のところなら、小6の春からでも十分に間に合います。ただ、きちんと面倒を見てくれる塾ではないと、内容が全く理解できないまま放置されることもありますので、注意が必要です。

 

嫌な話ですが、大手塾なら、むしろ小5からで十分です。

なぜなら、小4には優秀な先生を当てないことが想像されるからです。優秀な先生は小6受験特進の受験生を担当し、以下、小5の特進(実績を出したければ、最優の講師に小6まで通して見てもらいたい)、小6受験、小5受験、小4受験(講師初心者歓迎)という流れになっていきます。こうして、小4の授業は学生講師が担当することになりますが、未熟な講師(場合によっては受験の終わった高3)が見るとするなら、わざわざ通わせる価値はあるのでしょうか。大手塾のシステム上(生徒数と授業料、人件費を勘案すると)、小4の授業がヘボくなるのは仕方のないことかもしれませんが・・・

 

■都立一貫なら?

小6で間に合います。ただし、夏休み前には始める必要があることと、私立中は考えないことが前提です。

私立中と両立が可能なら・・・とお考えの方も出てくるでしょうが、勉強の質が全く異なるので、両立は困難です。二兎を追うことはあまりオススメはできません。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
進学塾石神井セミナー
http://www.shakujii-seminar.com/
住所:東京都練馬区石神井町2-33-27
TEL:03-5923-9440
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

このページのトップへ