高校受験編

数学・英語・国語の基本方針

高校入試において必ず出題される科目です。中1~中3まで、指導します。
都立共通問題、グループ作成問題に対応しています。
都立の入試では、共通問題・グループ作成問題とも、「中学校学習指導要領」という大きな枠があって、その外の内容は出題できません。したがって、指導要領の内容をどれだけきちんと理解できるかが都立入試の合否のカギとなります。それを念頭に、指導要領の内容を、テクニックに頼ることなく、原理原則からきちんと理解できるよう指導していくことが中学部の基本的な方針となります。

数学 

算数との大きな違いは、より抽象的であることです。
中学生からは文字を使って抽象的に表現しますから、まずはそれに慣れること。具体的には文字の表記に慣れることが必要です。したがって、文字式の扱い方をまず徹底して指導します。
また、証明問題を苦手とするお子さんが多いのですが、これに対応して、全てのことに根拠(定義または問題文中で与えられた数値)をもって答えることを繰り返し指導していきます。

国語

小説や論説文の指導方針は、小学生と大きく変わるところがありません。
違いは、扱うことばがより多くなり、より抽象化するという点と、古文が入ってくることです。
古文の指導は、細かい文法や単語を覚えてもらうというよりは、古文を読み慣れることに重点をおいて指導します。また、都立高校で必ず出題されている作文に対応して、作文の書き方等も指導します。

英語

まずはアルファベットを見て、単語が読めること。単語が読めなければ英文は読めないのですから。次に、基本的な単語を覚えること、文法の原理・原則を覚えること。文法については、すべてを特殊例として覚えるのではなく、原則はこうで、例外はこう、という覚え方が必要でしょう。最後に長文を読んで内容と意味を把握する力ですが、これは国語力に大きく左右されるものでもあります。

 

理科・社会の基本方針

中3から指導をします。都立高校の一般入試に対応しています。
理社の特徴は、らせん式に同じところを何度も繰り返す英数国(たとえば方程式は中1・2・3と全学年で扱う)と異なり、該当単元を一度やったら「それっきり」ということです。中学校の定期テストでは、限定された範囲が出題されるので一夜漬けで誤魔化せますが、全範囲が出題される入試にはとても対応できません。
それを念頭に、中3の入試までに、中1~中2までの全範囲を徹底して復習します。細かい内容は次の通りです。

理科

まず、理科で必要とされるのは基本的な事実を知識として知っていることです。次に、その事実を実験・観察を通して確認すること、またその原因を考えることです。小学生と大きく違う点は、自然法則を数式で表現できることです。
ただし、その数式を単なる知識として暗記するのではなく、どういう定理を数式化したのか、ということを指導していきます。たとえば、オームの法則は、単純化していえば「電流の大きさは電圧に比例する」ですが、これを電流(I)=電圧(V)×R(比例定数)をきちんと確認するということです。

社会

小学生と大きく異なるところは、「世界」が本格的に登場することです。小学校で学んできた日本地理・日本史に加え、中学校では、世界地理・世界史が増えるというのが大きな違いです。社会を学習していくうえでの最大のネックは、情報量が多すぎて何が大切なのか、見極めにくいということです。それに対応して、何が基本で、何から覚えていくべきかを順序立てて指導していくようにしています。


2週間無料体験授業受付中

東京都練馬区石神井町2丁目33

このページのトップへ