当塾の教育理念

近年、教育のあり方が大きく見直されてきています。

具体的に話題になるのは、大学入試におけるセンター試験が、「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」に変わるということなどですが、その背景にあるものが実はあまり理解されていないのではないかと思っています。その背景にあるものは、簡略化して言えば、「知識がどれだけあるか」から、「思考力・判断力がどれだけあるか」への転換です。子どもたちに、自分の持っている知識を活用して、新しいことを生み出せる力をつけてやる、ということです。
今、学校教育 は、そういった「自分で考える子どもたち」を育てる方向に変わってきており、その方向で、学習指導要領も改訂されました。そして、その結果として、中学入 試・高校入試においても、「考える力」があるかどうかを見るものに変わってきています。
特に私立中学の入試においてはそれが著しい。

ところが、塾業界はどうでしょうか。

残念ながら、まだその方向に変わっていないのではないでしょうか。
目先の「合格実績」にとらわれて、教育をきちんと考えていないのではないか。
志望校合格を至上の目的として、理由も原因も考えさせず、ただ機械のように公式や結論を暗記させる。合格すればいいんだから暗記しなさいと。「努 力する子を育てる」と、たとえば算数ならパターンをひたすら覚えさせ、できなければ努力が足りないと子どものせいにする。あるいは、ただ授業や小テストを やるだけで、子どもたちの理解や基本知識の定着を確認していない。そのような塾がまかり通っている現状は憂うべきことだと私は思います。

私は、塾での教育の目的は、中学校・高校に合格させることではない、と思います。志望校に合格することは、せいぜい手段であって、目的にしてはならないのです。
「自分で考え、自分で判断し、自分の力で未来を切り開いていく子どもたちを育てる」ことを通じて、中学校や高校などの公教育に協力すること、これが塾での教育の目的とするところと考えています。

授業の特徴

 

2週間無料体験授業受付中

東京都練馬区石神井町2丁目33

考える力を養ってお子様を大きく伸ばす石神井公園の石神井セミナーです

石神井公園で小中学生とその保護者の方に支持されている石神井セミナーは、志望校合格に向けて知識を詰め込む指導ではなく、しっかり考えて理解し、自ら答えを導く力を養っております。
大学をはじめ中高でも知識偏重ではなく、考える力と自ら新しいものを生み出せる創造力がある子供を求めるようになっています。これまでのような公式や暗記重視の学習塾では、志望校が望むお子様への成長は期待できません。
石神井セミナーでは現在の入試環境の変化に応えるのはもちろん、お子様が楽しく学べる環境を整え、お子様が持つ潜在能力を引き出していきます。勉強嫌いだったお子様も自ら積極的に学びたくなる、そんな学習塾をモットーに、少人数制でしっかり丁寧にご指導いたします。

このページのトップへ