コラム

2017/06/27

夏期講習前に塾を変えようと思ったら。

最近、サボっていたら3ヶ月近くも開いていたことに気付き反省しました。

 

さて。この時期に塾を変えようと思っている方に再考を促すべくこんなタイトルにしてみました。

私としては他塾から移ってきてくれるのはウェルカムなんですが、

良い結果にならないことも多いので退塾のデメリットをまとめます。

 

【そもそも退塾は望ましくありません】

どこの塾でもそうですが、新しい生徒が入ってきたときに行うことが学力の把握です。

何ができて何ができないのかが分からなければ、教えようがない。

たとえば速さが分かっていない子に方程式の文章題(速さ)が解けるはずがないのです。

 

こういう情報はテスト結果である程度分かりますが、

性格とか解くスピード、何が分かりやすいかなどという情報は、教えながら手に入れないといけないのです。

そういう色々な情報を踏まえて授業をするので、塾には長期的に通った方が良いのです。

 

退塾するとどうなるか。

その情報がすべてリセットされるということです。

教える側がしばらく手探り状態になりますので、まずこれが第一のデメリット。

 

【転塾生は優先順位が低い】

これも当たり前ですが、何年も教えてきた生徒と余所からパッと来た生徒、塾としてどちらに力を入れたいか。

一般的には前からいる生徒(仮に「内部生」とします)を最も大切にします。だって、その分情もありますし、何より長いこと授業料払って通ってくれているのだもの。

それから、授業においても「内部生」が有利です。

 

たとえば、「内部生」が当然に知っていて、後から入る生徒が知らないことがあるとして、

じっくり時間をかけて説明をするというのはやりたくない。これは「内部生」にとって不利益になるからです。

その子のためには説明をすべきだとしても、それは「内部生」にも利益があるように教えなくてはならない。これはすごく難しいことですよ。

もちろん何らかの方法で対処はしていきますが、途中から入ってきた子がしばらく不利な状況に置かれることは否定できません。

これが第二のデメリット。

 

【こべつなら救いが・・・】

あるかもしれません。

ただ、素人教室長+素人学生が運営するという非常にデンジャラスなところもあるので注意が必要です。

一般的には、経済学の原理に従って高いお金を出せば高いサービスを受けられますので、

経済的に余裕がある方はこべつへ移動するというのも選択肢です。ただ相性の問題もありますので何とも難しいのですが。

 

根本的な話として、一番最初の入塾をさせる時点でよく検討しなくてはいけません。

だから、一度塾を決めた以上はそこで頑張るのが原則かと思います。

それでも「変えたい!」という人は次回の「転塾した方が良い場合」をお読みください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
進学塾石神井セミナー
http://www.shakujii-seminar.com/
住所:東京都練馬区石神井町2-33-27
TEL:03-5923-9440
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

このページのトップへ