保護者様からのお悩み相談集

2016/11/28

3.14の計算ミスを防ぐには?

最近、こっちには何も書いていないのでちょっと頑張って更新してみます。

今回は、計算ミスのうち、3.14限定で。 

 

さて、どうすれば3.14ミスを防げるかですが、まず、3.14×19までの暗記は必須。

3.14×618.84などと条件反射的に出てくるようにしておくこと。

仮に改めて計算しても、しっかり暗記していればミスはほとんど起きません。

計算結果を見て、「これ違くない?」とすぐに分かるので。

中学校に上がれば円周率はπを使うので、勉強としては正直なところ無駄なのですが、中学入試では便利です。

 

それから、3.14の計算は絶対に1回で済ませること。

たとえば、5×5×3.143×3×3.14を足す計算があるとして、別々に出して足すのは時間がかかりすぎます。

これは259を先にして、343.14をかけないといけない。

式が長くなっても同様で、とにかく3.14は必ず最後にすること。

 

とにかく、無駄計算はしない。

たとえば、5×3.14×2というのを、バカ正直に15.7×2とやったり(先に2×5をすべき)、24×3.14×1/6という計算を、24×3.14を筆算で計算してから75.36と出して、これをまた筆算して6で割るという(これは当然、24を先に6で割って4にしてから3.14かけて12.56。私なら暗算で2秒!と指導します)

筆算の回数が多いということは、見直しの手間も大きいし、ミスをする回数も増えるということです。

3.14は筆算1回にしましょう。

 

それから、計算の手間を省くため公式の暗記も有効です(円すいの側面積=母線×半径×πとか)。

ただ、公式がないと何したらいいか分からない「公式バカ」になっても困るので、

過去問を解き始める時期になったら、「道具としての暗記」をお勧めします。

 

 

まあ、大抵の塾ならば3.14は暗記させるでしょうし、上記の無駄計算についてはしつこいくらい指導しています。

ご家庭だけで勉強しているような場合には起こりうることではないでしょうか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
進学塾石神井セミナー
http://www.shakujii-seminar.com/
住所:東京都練馬区石神井町2-33-27
TEL:03-5923-9440
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

このページのトップへ